--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/08 (Tue) 獣医さんに

採血と今後の方針を相談するために獣医さんへ

採血の結果は、まだ肝機能が悪い状態。
白血球はほぼ正常値まで戻ってきたものの、
血小板が少ないそう

獣医さんに化学療法はやめることを話しました。
今後は対症療法にとどめ、
また症状が出てくるようであれば緩和医療を。
幸いに麻薬の使用も出来る獣医さんでした。

治療をしなければ、4~8週の命・・・
でも・・・
ノエルの場合、頸部のリンパ腺が腫れて呼吸困難になったのが1月5日。
それ以前にも、
おそらく去年の9月頃から、
妙にいびきが大きくなって、鼻づまりのような症状も。
ずっと太っているせいだとばかり思ってましたが
今は全くいびきもないので、
その頃からリンパ腺は腫れていたのだろうと・・・

そうなると、もうとっくに8週は過ぎているわけで・・・

今日は、食欲は発病する以前と全く同じくらいに改善。
獣医さんの後は、妹の家の近くの河川敷でお散歩してきました
(携帯で動く犬を撮るのは不可能ですね

1_20110308171346.jpg

2_20110308171345.jpg

化学療法をしないかわりに、獣医さんに勧められたのが
3_20110308171345.jpg

薬ではなく健康補助食品。
免疫機能を高める効果があり、悪性腫瘍のペットに与えて、
そこそこ成績がでているとか。

左のイムノブロンが粉。右のβグルカンがゼリー状。
ネットで調べたら、イムノブロンはαグルカンだそうで、
この際だし、両方使ってみることに。

そのままだと、どちらも食べてくれないので、
“イムノブロンの牛肉包み生春巻き風”
“砕いたビスケットのβグルカンゼリー寄せ”
が、ノエルの今日からの献立に加わりました



ノエルがある程度良くなって元気が出てくると、
ここでまた問題が・・・

いつも一緒のノエルとルーク。
散歩を別々に(どちらかを家に残して)は不可能。
かと言って、一緒に散歩させると、
ルークは運動不足になるし、ノエルは体力を使いすぎる

診断がつく前に一緒に散歩をさせていたら、
途中でノエルが『もう歩けない』と言いだしたこともあったし・・・

・・・で、これを購入。
これがあれば、大好きな河川敷公園にも安心して行けるかな
疲れたらのせたら良いし、
乗らなくても、いつもリュックで背負っていく重たい水を運べるし、
ついでにルークにひかせて、運動量さらにアップ?
5_20110308171345.jpg

次の週末までに届くといいな~

日々の出来事 | comment(0) |


<<ノエル元気です | TOP | ちょっとずつ回復>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

いくつになった?

niko

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

ラムジー

  • Author:ラムジー
  • 2匹のスタンダードプードルと3匹のジャーマンシェパード、犬三昧の生活を楽しんでます。

RSSフィード

QRコード

QR

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。