--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/08/25 (Sat) 今度はルークが(>_<)

少し前にインディが胃捻転になりかけて、
ちょっとあわてたことがあった我が家。

以前から、食後は必ず2時間はゆっくりさせて、
人一倍胃捻転には気をつけているつもりだった。

この14日の夜、
夕食後10分くらいしてから、ルークが不穏な行動を。
別に吐いたり、えづいたりするわけでも、お腹が張ってるわけでも
ないのだけれど、

少し伏せの姿勢で休んでも、すぐまた移動して、
その歩き方が、みょうに後ろ足を広げて、それも後ろ足はぴょんぴょん跳ねるような・・・


色々な可能性を考えてみて、
症状は?だけど、やっぱり胃捻転は否定できない
まだ午後7時半だったので、すぐにかかりつけの獣医さんに電話。
・・・・お盆で休みだった・・・

インディの時に訓練所の所長さんに聞いていた夜間救急病院。
そこも夜10時から。
なんとかルークをはげましつつ、9時半には救急病院の玄関前に。
すでに獣医さんも出勤してこられていたので、
無理やり入り口のドアをたたいて、
『胃捻転起こしてると思うんですが』と。

元気そうなルークとお腹の診察をして
でも、どうかな~?の状態だったので、
レントゲンを。
結果は・・・『胃捻転おこしてます。すぐに処置が必要です』

処置としては、
胃洗浄だけでも治ることがあるので、それで治れば開腹手術はしない。
1回おこせば再発しやすいので、開腹手術をして、再発予防も同時におこなう。
の、2つの選択肢。
どちらにしても全身麻酔は必要。

ただ、夜間だけの救急病院なので入院施設はなく、翌朝8:30には
かかりつけの獣医さんに転院させなければならない。

かかりつけはお盆休みだし、手術をしてもどこに入院させたらいいのか。
ひとまずは胃洗浄で治るものならば、今回は胃洗浄のみで、
とお願いしました。

幸いに胃洗浄で捻転も改善し、2時間ほど点滴を受けて帰宅。
翌朝(夜中2時過ぎまで救急病院にいたので、その日の朝)お盆でもやってる獣医さんを
紹介してもらったのでそこへ。

かかりつけでもなんでもない、初めてのところ。
『なおった今はすることは何もない。あとは再発予防の手術をいつするかどうかだけでしょ。』
一体ないしに来たん?と言わんばかりの院長。
救急病院では内服薬を出せないので、もらいに行くよう言われたから行ったのに
『薬で腸を動かすことが良いことか悪いことかわからない』
なかなか内服薬を処方するとは言わず、
あげくに『胃捻転はほとんど救急病院が診るから、自分はよく知らない』と。
あ~、時間の無駄だったわ

診る対象は違うけど、同じ医療人として、
私だったらもう少し違う対応も出来るだろうな~、と、
他の意味で勉強になった通院でした

長くなったので、
続きは次へ。

日々の出来事 | comment(0) |


<<今度はルークが(>_ | TOP | 犬舎(?)完成>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

いくつになった?

niko

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

ラムジー

  • Author:ラムジー
  • 2匹のスタンダードプードルと3匹のジャーマンシェパード、犬三昧の生活を楽しんでます。

RSSフィード

QRコード

QR

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。